2018年01月21日

今夜は"MAKER'S MARK"、つまみは『THE NEARNESS OF YOU / Helen Merrill』

今夜は"MAKER'S MARK"(90Proof)
helen merrill makers mark.jpg

つまみは『THE NEARNESS OF YOU / Helen Merrill』

Helen Merrillと言えば、「You'd Be So Nice To Come Home To」が入った『helen merrill』(EmArcy/54年)ばかり取り沙汰されるけど、これもいいですよ。
27才とは言え、上記アルバムから3年経ってしなやかな色気を増したHelen Merrillのスタンダード集。ジャケットもいいでしょ。
2つのセッションが収録されていて、5曲だけですが無名時代とはいえBill Evansが参加していることでも知られるアルバムです。
両セッション共にフルートの愛らしい音がいい味を出しています。
「Let Me Love You」、「The Nearness Of You」、「Just Imagine」が好きで、B面を聴く方が多いですね。とくに「Just Imagine」はEvansの伴奏だけでルバートでゆったりと1コーラス歌ってからイン・テンポして軽くスウィングして最後を飾ります。僕的ベスト・トラックです。


『THE NEARNESS OF YOU / Helen Merrill』
label:EmArcy
recording:1957年10月18,19日 & 1958年2月21日
personnel
Helen Merrill(vo)
#1,3,4,5,6,8,11
Mike Simpson(fl), Dick Mark(p), John Frigo(b), Fred Rundquist(g), Jerry Slosberg(ds)
#2,7,9,10,12
Bobby Jaspar(fl), Bill Evans(p), Oscar Pettiford(b), George Russell(g), Jo Jones(ds)

tracks
side A
#1: Bye Bye Blackbird
#2: When The Sun Comes Out
#3: I Remember You
#4: Softly, As In A Morning Sunrise
#5: Dearly Beloved
#6: Summertime
side B
#7: All Of You
#8: I See Your Face Before Me
#9: Let Me Love You
#10: The Nearness Of You
#11: This Time The Dream's On Me
#12: Just Imagine
posted by pops at 00:00| 宮城 ☀| Comment(0) | vocal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

今夜は"EZRA BROOKS"、つまみは『"Crazy and Mixed Up" / Sarah Vaughan』

今夜は"EZRA BROOKS"(90Proof)
sarah ezra.jpg

つまみは『"Crazy and Mixed Up" / Sarah Vaughan』

このアルバムといえば、A面3曲目の「Autumn Leaves」が話題になります。アルバムの邦題も『枯葉』です。

「Autumn Leaves」
Sarahは全編スキャットで通し、フェイク(メロディーを崩すこと)に次ぐフェイクで、"あのメロディー"が全く登場しません。それもかなりのアップテンポで歌います。聴くたびに、強風に枯葉が舞っている映像を想像してしまいます。
Jazz初心者の頃、友人にコレを聴かされた僕は何が何だかわからず、"こんな「枯葉」嫌いだ"、Nat "King" Coleが歌った「枯葉」こそが「枯葉」だと強く思ったものです。皆さんも、一度は聴いてみることをお勧めします。
「I Didn't Know What Time It Was」
Sarahが軽く歌い始め、Passのソロを挟んで、Sarahはフェイクし、軽く転調していきます。なんて上手いんだろ。
「That's All」
Sarahがミディアム・ファーストで軽快に歌い、Hannaの心地良いソロを挟んで、Sarahは再びフェイクで盛り上げる。
それにしても、Sarahはフェイクが天才的に上手いですよね。下手な歌手がフェイクすると、声が出ないのかなとか、ごまかしたなと感じることが多いけど。

『"Crazy and Mixed Up" / Sarah Vaughan』
label:PABLO
recording:1982年3月1,2日
personnel
Sarah Vaughan(vo), Joe Pass(g), Roland Hanna(p), Andy Simpkins(b), Harold Jones(ds)

tracks
side A
#1: I Didn't Know What Time It Was
#2: That's All
#3: Autumn Leaves
#4: Love Dance
side B
#5: The Island
#6: Seasons
#7: In Love In Vain
#8: You Are Too Beautiful
posted by pops at 00:00| 宮城 ☀| Comment(0) | vocal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

今夜も"BULLEIT BOURBON"、つまみは『JAZZNAVOUR / Charles Aznavour』

今夜も"BULLEIT BOURBON"(90Proof)
これ、去年より1000円近く安くなってます。うれしいww
jazznavour & bulleit.jpg

つまみは、『JAZZNAVOUR / Charles Aznavour』
アルバム・タイトルを見ればわかると思いますが、かなりJazz寄りで僕なんかが聴きやすいアルバムになっています。
2013年10月16日の≪ペトさんの歌伴総ざらえ≫でペトさんが参加した2曲だけ紹介したけど、シャンソン界の重鎮Charles Aznavour(シャルル・アズナブール)の有名曲鮨詰め、エスプリでぷりぷりのCDです。

正直なところ、#3・#4の2曲にペトさんが参加しているだけで買ったCDです。特に#3「De T'Avoir Aimée / 君を愛した」はペトさんのソロは短いけど素晴らしくて満足したものです。
ですが、だんだんとAznavourにも魅力を感じるようになりました。
"瓢箪からAznavour"ですねww
他にも、#1・#6で参加のDianne Reeves等、ゲストも豪華です。
#11「She / 彼女」や#1「J'Aime Paris Au Mois De Mai / 五月のパリが好き」なんかは何度聴いてもいいですね。
jazznavour 01.jpg

『JAZZNAVOUR / Charles Aznavour』
label:EMI Music France
recording:1998年
personnel
Charles Aznavour(vo), Michel Petrucciani(p;on #3,4 only), Eddy Louiss(org;on #4,11,13 only), Dianne Reeves(vo;on #1,6 only), Jacky Terrasson(p;on #1,2,10,12,14 only), Richard Galliano(accordion;on #8,11,13 only), André Manoukian(p;on #5,6,7,8,9 only) & etc.
#3: Charles Aznavour(vo), Michel Petrucciani(p), André Ceccarelli(ds), Rémi Vignolo(b), Fred Sans(violin,string ensemble)
#4: Charles Aznavour(vo), Michel Petrucciani(p), Eddy Louiss(org), André Ceccarelli(ds), Rémi Vignolo(b)

tracks
#1: J'Aime Paris Au Mois De Mai / 五月のパリが好き
#2: Ce Sacré Piano / 古いピアノ
#3: De T'Avoir Aimée / 君を愛した
#4: Tu T'Laisses Aller / のらくらもの
#5: Mes Emmerdes / 想い出をみつめて
#6: Yesterday, When I Was Young / 帰り来ぬ青春
#7: Les Plaisirs Démodés / 昔かたぎの恋
#8: Me Voilà Seul / 孤独の心
#9: À T'Regarder / 君を見つめて
#10: Lucie / ルーシー
#11: She / 彼女
#12: Dormir Avec Vous Madame / あなたとともに眠る
#13: Au Creux De Mon Épaule / 私の腕の中に
#14: For Me Formidable
posted by pops at 18:00| 宮城 ☀| Comment(0) | vocal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

優しいボッサ、『sweet happy life / Connie Evingson』

Connie Evingsonは今朝投稿したkannpariさんのチャット部屋でよくかかって、いつも"優しそうな声だな〜"と気になっていました。そこでamazonを物色して"幸せそうな"これを見つけました。
真昼間なんで、緑茶にしました。
sweet happy life & tea.jpg

ジャケット裏のタイトルの下に"The Lyrics of Norman Gimbel"と記してあります。#5の「やさしく歌って」の作詞で知られるNorman Gimbelが英訳したラテン系の名曲で盛りだくさんのCDです。
Connie Evingsonの歌、曲、伴奏、アレンジ、ジャケット、全てが"sweet happy life"というタイトルがピッタリですね。
「Agua De Beber」、「Sweet Happy Life」、「Take Me To Aruanda」、「So Nice」、「Tristeza」、この辺のボッサ〜サンバの曲はやっぱりいいですよね。
僕の一番はToots Thielemansの優しい名曲「Bluesette」ですね。

ただ、1曲目の出だしで小さく"ボッ"とノイズが入っています。"ボッ"に続いて即イントロが始まる感じです。ネット検索しても誰も書いていないから僕のCDだけかもしれませんけどね。初めはmp3プレーヤーで通勤電車で聴いていたからか気にならなかったんですけど、部屋のオーディオでかけたら、1曲目の出だしで「ボッ」とノイズが入っていました。
Connie Evingson sweet happy life blog.jpg

『sweet happy life / Connie Evingson』
label:MINNEHAHA MUSIC
recording:2012年
personnel
Connie Evingson(vo), Danny Embrey(g), Joan Griffith(g), Andreas Oberg(g),
Laura Caviani(p), Tanner Taylor(p), Phil Aaron(p), Bob Bowman(b),
Gordon Johnson(b, back vocal), Ryan Cross(b), David Schmalenberger(ds),
Joe Pulice(ds, perc), Phil Hey(ds), Rob Perkins(ds), Dave Karr(sax, cla, fl),
Randy Sabien(violin, mandolin), Josh Alvaro(perc), Miles Hanson(perc),
Lucia Newell(back vo)

tracks
#1: Agua De Beber [Waters Of March]
#2: Meditation
#3: Slow Hot Wind
#4: Sweet Happy Life [Samba De Orpheu]
#5: Killing Me Softly With His Song
#6: Canadian Sunset
#7: Watch What Happens
#8: The Girl From Ipanema
#9: Sway [Quien Sera]
#10: Bluesette
#11: How Insensitive [Insensatez]
#12: Take Me To Aruanda
#13: So Nice [Summer Samba]
#14: Adventure
#15: I Will Wait For You
#16: Tristeza [Goodbye Sadness]
posted by pops at 14:00| 宮城 ☁| Comment(0) | vocal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

今夜は"BULLEIT BOURBON"、つまみは『CHEEK TO CHEEK / Tony Bennett & Lady Gaga』

今夜は"BULLEIT BOURBON"(90Proof)
しょっちゅう登場するでしょ。大好きですww
Tony & gaga bulleit.jpg

つまみは、『CHEEK TO CHEEK / Tony Bennett & Lady Gaga』
amazonで「Anything Goes」と「Cheek To Cheek」2曲試聴しただけで、1曲30秒だから計1分聴いただけで、"これいいかも!"と即注文しちゃいました。Lady Gagaの歌を聴いたのはおそらく初めてでした。派手なだけのお姉さんとばかり思ってたら、すごく上手いですね。下手なJazz歌手よりもよっぽどいいですね。日本人のJazzは小曽根さんくらいしか聴かないけど、日本のJazz歌手で敵う人いないんじゃないですか?(聴いていないからわかりませんけどww)
Tony Bennettは昔のように割れるように声を張り上げることができなくなって聴きやすくなったし、僕好みのとても楽しいアルバムでした。
「Anything Goes」を"いいな〜"と聴き始めたら、あっという間に「It Don't Mean A Thing」まで聴いてしまっていました。
中でも「Cheek To Cheek」がご機嫌ですね!!
Tony Bennett  cheek to cheek blog.jpg

『CHEEK TO CHEEK / Tony Bennett & Lady Gaga』
label:STREAMLINE
recording:2014年
personnel
Tony Bennett(vo), Lady Gaga(vo) & etc.

tracks
#1: Anything Goes
#2: Cheek To Cheek
#3: Nature Boy
#4: I Can't Give You Anything But Love
#5: I Won't Dance
#6: Firefly
#7: Lush Life
#8: Sophisticated Lady
#9: Let's Face The Music & Dance
#10: But Beautiful
#11: It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
posted by pops at 19:00| 宮城 ☁| Comment(0) | vocal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする