2017年11月22日

なぜかスコッチ。つまみは『COOKIN' WITH THE MILES DAVIS QUINTET』

今日はなぜかスコッチ。頂きものです。
“GLEN MORAY 16年”(40度)
飲み慣れないスコッチです。そこでネットの情報を、、、、
16年は熟成の最後に仕上げの熟成を施すため白ワインのシュナン・ブランの樽を使用。 麦芽の香りとともに、フルーティーでドライな風味が広がってくる。
僕の感想は、たしかにフルーティー。苦手なピート香は少なく。美味しいww
glen moray cookin.jpg

つまみは、MILES DAVISの『COOKIN'』
まずは、極上のジャケット・デザイン。
ジャケットを見ただけで「My Funny Valentine」が聴こえてくるようです。
ミュートによる絶妙のバラード・プレイが聴こえてきます。
Red Red Garlandのリリカルなイントロと、Milesのソロの後のコロコロ転がるような明るいソロも心地良い。そしてまたMilesのソロに。無骨なJohn Coltraneには吹かせないんですね。
続いてご機嫌なブルース「Blues By Five」、Milesのミュートもカッコいいけど、"Philly" Joe Jonesのドラムがぐいぐい突き上げます。
LPを飾ったり手に取ったりしながら「My Funny Valentine」から聴くのがルーティーンになっています。B面はたまにww
もちろん、CDやmp3プレーヤーでは全曲通して聴きますよ。
Miles Cookin'  blog 01.jpg

『COOKIN' WITH THE MILES DAVIS QUINTET』
label:Prestige
recording:1956年10月26日
personnel
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b),
"Philly" Joe Jones(ds)

tracks
side A
#1: My Funny Valentine
#2: Blues By Five
side B
#3: Airegin
#4: Medley; Tune Up 〜 When The Lights Are Low
posted by pops at 20:47| 宮城 ☁| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

今日も“BULLEIT BOURBON”、つまみは Joey DeFrancescoの『Wonderful! Wonderful!』

今日のバーボンは“BULLEIT BOURBON”(90Proof)
瓶の質感が気に入っていて、なめらかな味を引き立ててくれるのかもしれません。もちろん、オンザロックでいただきます。
bulleit joey blog.jpg

おそらく、Joey DeFrancescoで一番聴くCDです。リラックスできてバーボンが美味しくなるCDです。
全曲好きなんだけど、「Five Spot After Dark」・「Solitude」・「Love Letters」なんか特にいいですね〜
JoeyがSonny Rollinsのアルバムを聴いて選曲したんじゃないかと想像しています。1曲目の「Wonderful! Wonderful!」は『NEWK'S TIME / Sonny Rollins / '58』。3曲目の「Wagon Wheels」と4曲目の「Solitude」は『WAY OUT WEST / Sonny Rollins / '57』に入っています。選曲だけでなく、演奏も上記アルバムのような、とてもリラックスした演奏を繰り広げます。
7曲目ではMile Davisみたいなミュート・トランペットで「Old Folks」をベース・ペダルを踏みながら演奏します。
8曲目の『JLJ Blues』はご機嫌なアルバムのラストを飾るような快適なblues。

ついでだけど、このCD収録時の年齢は、
Joey DeFrancesco:40才、Larry Coryell:68才、Jimmy Cobb:83才
「83才で大丈夫???」と思うのが普通だと思うけど、、、
Milesバンドで鳴らしたJimmyさん。大丈夫なんですよねww
Joey Defrancesco Wondrful.jpg

『Wonderful! Wonderful! / Joey DeFrancesco』
label:HIGH NOTE
recording:2012年3月22日
personnel
Joey DeFrancesco(org,tp;on #7 only), Larry Coryell(g), Jimmy Cobb(ds)

tracks
#1: Wonderful! Wonderful!
#2: Five Spot After Dark
#3: Wagon Wheels
#4: Solitude
#5: Joey D
#6: Love Letters
#7: Old Folks
#8: JLJ Blues
posted by pops at 00:00| 宮城 ☁| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

“OLD EZRA 7年”、おつまみはWesの『Full House』

この“OLD EZRA 7年”はバーボンの典型と言われることがあります。ただ、オンザロックではちょっとキツイと感じる人が多いと思います。同じ101Proofでも、12年や15年とは違います。その点スタンダード品の“EZRA BROOKS”は90Proofだからか、オンザロックでも飲みやすいと思います。僕は“EZRA”ならどれもオンザロックで頂きますけどね。
*注:101Proofは50.5度。Proofは度数の2倍の値になります。
full house blog.jpg

Wes MontgomeryはWynton Kelly Trioとツアーを組む仲で、Miles Davisバンドのツアー中のこのTrioを迎え、さらにJohnny Griffinを加えたメンバーでカリフォルニアでLive録音したアルバムです。
明るくタイトなリズムセクションに支えられ、Wesは暖かい音色で豪快にスウィングします。Johnnyの豪放なブロウも絡みバンドは躍動します。熱気と楽しさに溢れた名盤ですね。
「Blue'n' Boogie」と「Cariba」がクライマックスかな。

『Full House recorded 'live' at Tsubo / Wes Montgomery』
label:RIVERSIDE
recording:1962年6月25日
personnel
Wes Montgomery(g), Johnny Griffin(ts), Wynton Kelly(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)

tracks
side A
#1: Full House
#2: I've Grown Accustomed To Her Face
#3: Blue'n' Boogie
side B
#4: Cariba
#5: Come Rain Or Come Shine
#6: S.O.S.
posted by pops at 18:46| 宮城 ☀| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

“My Fair Lady”の挿入歌

ミュージカルや映画を知らない僕だけど、挿入歌は素晴らしい曲が多いし、Standardになっているものも多いので、自然にミュージカルや映画の名前も覚えているものです。
今日のテーマは“My Fair Lady”。ミュージカルは1956年にヒットし、映画は1964年にヒットしています。
My Fair Lady_blog.jpg

僕がすぐに想い出せるアルバムは『MY FAIR LADY / Shelly Manne / '56』と『MY FAIR LADY / Nat "King" Cole / '64』ですが、好きな演奏を手持ちのアルバムの中からリストアップしてみます。
My Fair Lady LP.jpg

* 「On The Street Where You Live / 君住む街で」 素敵な邦題ですよね。
『SPRING IS HERE / Ozone Makoto / '86』 with George Mraz, Roy Haynes
『MY FAIR LADY / Nat "King" Cole / '64』
『MEL TORME SWINGS SHUBERT ALLEY / '59』 with Marty Paich Orchestra
『MY FAIR LADY / Shelly Manne / '56』 with Andre Previn, Leroy Vinnegar
* 「I've Grown Accustomed To Her Face」
『easy living / Paul Desmond / '64』 with Jim Hall & etc.
『MY FAIR LADY / Nat "King" Cole / '64』
『The Broadway Bit / Marty Paich / '59』
『Full House / Wes Montgomery / '62』 with Johnny Griffin, Wynton Kelly & etc.
My Fair Lady CD.jpg

* 「I Could Have Danced All Night / 踊り明かそう / 一晩中踊れたら」
『MY FAIR LADY / Nat "King" Cole / '64』
『MY FAIR LADY / Shelly Manne / '56』 with Andre Previn, Leroy Vinnegar
『SOFTLY, THE BRAZILIAN SOUND / Joanie Sommers / '64』
『Swingin' on Broadway / Jonah Jones / '57』
* 「Get Me To The Church On Time」
『MY FAIR LADY / Nat "King" Cole / '64』
『MY FAIR LADY / Shelly Manne / '56』 with Andre Previn, Leroy Vinnegar
* 「Ascot Gavotte」
『MY FAIR LADY / Shelly Manne / '56』 with Andre Previn, Leroy Vinnegar
よく聴くのはこの辺でしょうかね。。。。

あなたも素敵なメロディーに癒されてみませんか?
posted by pops at 19:57| 宮城 ☀| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

Joey DeFrancescoの「One Hundred Ways」・・・ご機嫌な肥満体

Joey DeFrancescoといえば、ノリノリのオルガニスト。ペットも上手い巨漢。
JoeyのHPに貼ってあるYouTube映像は7曲あるけど、まずはコレを!
https://www.youtube.com/watch?v=HZ3f1Y8Aw_U
「One Hundred Ways」
ほんとに楽しそうに演奏しています。いい雰囲気です。
1981年のQuincy Jonesのアルバム『The Dude』に入っていた曲で James Ingramが歌ってヒットした曲です。ほんと、ご機嫌なPops、Love Songです。
ちなみに、JoeyのHPはこちら。
https://www.joeydefrancesco.com/home
そして、この曲を収録したCDはこちら
Joey D 40 blog.jpg

「Donny's Tune」
40才になったJoeyのアルバムは、いきなり1曲目からクライマックス。
ソウルフルで痛快なJoeyのオリジナル曲です。
他は、リラックスした演奏が多いですね。
「Gloria」ではvocalを披露し、「Caruso」はソロで演奏します。

『40 / Joey DeFrancesco』
label:HIGH NOTE
recording:2011年06月1,2日
personnel
Joey DeFrancesco(hammond org, numa org, vo;on #3 only),
Ramon Banda(ds,per), Rick Zunigar(g)

tracks
#1: Donny's Tune
#2: Ashley Blue
#3: Gloria
#4: One Hundred Ways
#5: I Got A Woman
#6: V & G
#7: Life Is Good
#8: Bluz 'N' 3
#9: Caruso
posted by pops at 08:16| 宮城 ☁| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする