2017年11月14日

音を確かめたくて買ったLP、『THE BIG 3』

『THE BIG 3 / Milt Jackson』は前にも紹介したし、好きでよく聴くCDなんだけど、、、
一番のお気に入り「Blue Bossa」でvibの音が少し割れて聴こえます。音の大きいところで「ザザッ」とか、「ササッ」とノイズが入ります。おそらくはCD化に際し音圧を上げ過ぎて音が潰れたんじゃないかと考えました。
YouTubeのコレも同じCDからのものでしょうね。
https://www.youtube.com/watch?v=tm4GFRbOWYk

amazonで買った輸入盤だけど、カスタマーレビューを見ても9名の人が誰も指摘していない・・・・我家だけの現象なのか?
“DENON DCD-S10”でも、“DENON DCD-CX3”でも、音が割れます。
CDプレーヤーがダメなのか、古いアンプやスピーカーがダメなのか、ヘッドホンや携帯用mp3プレーヤーは安ものだからダメなのか。
big 3 blog.jpg

じゃLPはどうだったんだろう? と聴き比べしたくなり、75年発売の日本盤LPをオークションで落札価格600円でゲットしました。
すると、、、LPの音は割れないように感じました。でも、ちょっと頭打ちしている感じがしたので、ヘッドホンで聴くと、ちょっとザラツキます。
CDのザラツキが“10”なら、LPは“2〜3”程度でしょうか。
LPは気にならない程度のザラツキです。これからはLPで聴きます。
やはり、元々高めに録音してしまっていたものを、CD化の際に音圧を上げ過ぎたんでしょうね。

なお、出品者のレコードのコンディション表記は9段階に分かれていましたが、落札したものは悪い方から4番目の[VG+]で「やや難有り。スレ、キズはあるが再生に影響するものはない。」と説明されていました。
でも、いつものように“microgroove cleaning”すると、ノイズはありませんでした。


『THE BIG 3 / Milt Jackson』
label:PABLO
recording:1975年8月25日
personnel
Milt Jackson(vib), Joe Pass(g), Ray Brown(b)

tracks
side A
#1: The Pink Panther
#2: Nuages
#3: Blue Bossa
#4: Come Sunday
side B
#5: Wave
#6: Moonglow
#7: You Stepped Out Of A Dream
#8: Blues For Sammy

* “microgroove cleaning”については、
カテゴリ≪audio ・ record cleaner≫から見ていただくか、「microgroove」で検索していただくと僕が作ったレコード・クリーナーの記事が沢山引っかかります。
posted by pops at 23:44| 宮城 ☁| Comment(0) | audio ・ record cleaner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: