2013年12月05日

懐かしくて、笑えるレコード・クリーニングの経験

01 CL2.JPG

先日、懐かしいものを棚から見つけました。
soei CRIATIVEの“CL2”というレコード・クリーニング液です。
レコードにスプレーして濡れている状態でカートリッジでトレースし、汚れを取るという、アナログ・ファンなら誰しも緊張するちょっと怖い商品でした。予備のプレーヤーとカートリッジを“CL2”専用に使いましたが、カスが取れなくなるまでトレースするわけで、怖いだけでなく凄く面倒なクリーナーでもありました。
17年程前にレイカの“Balance Washer”と同じ頃出た商品で、今はなき仙台のオーディオ・ショップに一緒に並んでいましたが、僕が先に選んだのは“CL2”でした。

01 haisassa.jpg

ついでに笑えるクリーニング方法を、、、
なんと“キンチョウ・ハイサッサ”を使ったことがあります。
(当時は確か青でなくて黄色だったような気がするけど)
“ハイサッサ”で汚れを取ってから、カートリッジでトレースしてカス(油分)を取ったんですが、効果はありましたがやはり面倒でしたし、怖くなって止めましたww
オーディオアクセサリー誌だったと思うけど、投稿して掲載されましたww
何枚もクリーニングしましたが、副作用はありませんでした。20年程前のことですが、この経験から数年後“CL2”を選んだんだと思います。

01 brush.JPG

台所用洗剤で丸洗いもしたこともあります。シャワーをかけながら、写真の左側のブラシで汚れをかき出しました。このブラシは洗浄式クリーナーの付属品らしいのですが、前出のオーディオ・ショップで買いました。丸洗いで面倒なのは乾燥でした。
洗ってもノイズが取れなかったので、研磨効果を狙って歯磨き粉を少し混ぜて洗ったら、レコードがザラザラになりましたww
汚れをかき出すためにブラシ系を使うようになったのはこの頃からでした。
怖いことを経験しながら、成長してきたんですねww

木工ボンドは1回使いましたが、拾ったも同然の聴いていないレコードで試したので効果は確認できませんでした。大事なレコードにボンドを塗るなんて恐れ多いし、音溝が剥がれないかと怖くてその後は試してませんww

Pixall(ピクソール)という粘着式も使いました。大きな汚れには効きますが、音溝の汚れに対してはあまりよい記憶はありません。

01 technica.jpg

最後になりますが、僕が10年程前までメインで使っていたレコードクリーナーは 、audio-technicaの“AT6018”でした。
これから使おうとは思いませんが、良質の商品だと思います。
ベルベットが擦り切れてくるとすぐに取り替えていたので結構な頻度で買っていました。
僕程この商品を使い潰した人も少ないんじゃないでしょうか。
僕にレコードを貸すと綺麗になって帰ってくると喜ぶ友人がいましたが、“AT6018”のおかげだと思っています。
自作の“microgroove cleaner”を使うようになるまでは使っていたと思います。

結局、試したことがないのは、バキューム式の洗浄マシンくらいだと思います。
友人が使っていて見ていましたが、手を出しませんでした。あれもデンターシステマをうまく使うと効果が上がると思います。

僕が以前から持っていたレコードは一般的なレベルでは綺麗なレコードだったと思います。中古盤を買ったり、デジタルの時代になって不要になった友人のレコードが嫁いで来るようになって、以前にも増してクリーニングを工夫するようになりました。でなかったら、“AT6018”を使い続けていたかもしれません。

なお、各商品や方法を試した感想は、あくまでも当時の僕のテクニックや認識のレヴェルによる感想です。特に商品に関しては正当な使用法でなかったかもしれません。

◆ 実際に試される場合は自己責任でお願いします。◆
posted by pops at 22:36| 宮城 ☁| Comment(0) | audio ・ record cleaner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: