2017年11月07日

ペトさん2曲参加のNiels Pedersenのマイナー盤

ペトさんとNiels Pedersenの共演は1994年録音のペトさん名義のLive盤CDが2枚出ていましたが、リラックスし過ぎていていたように思います。
その3年前に録音された本作に2曲のデュオが収録されています。
「A Nightingale Sang In Berkley Square」と「Someday My Prince Will Come」
こちらの方が完成度が高いと思います。

バーボンは“EZRA BROOKS”にしよう。
Ezraのスタンダード品だけど、バーボンらしい強さを味わえる4年ものです。
もちろん、オンザロックでいただきます。
安いものの中では一番好きだし、一番美味しいと思います。1500円程。
90Proofです。度数でいうと45度。Proofは度数の2倍です。
これは最近出た新しいデザインのボトルです。
blog pet & pedersen.jpg

1992年リリースされたCDだけど、ペトさんが参加していると僕が知ったのはおそらく2年程前だったと思います。他のペトさんファンも同じだったと思います。気づいて即、amazonやHMVに注文しても入荷不能で、キャンセルさせられる状態でした。
僕は安い時買いましたけど、その後は中古でも高値を続けています。
今(11月7日)amazonで見ると、5個出品されていて、いずれも中古品です。
値段は8920円〜27853円
blog Pedersen.jpg

『UNCHARTED LAND / Niels-Henning Ørsted Pedersen』
レーベル:Pladecompagniet
録音:October 1991
personnel
Niels-Henning Ørsted Pedersen(b), Mehmet Ozan(g;on #1,4,7,10),
Ars Nova(voices;on #1,4,7,10), Steve Swallow(ei-b;on #2,8,9), Søs Fenger(lead vo;on #2), Marilyn Mazur(perc;on #1,4,7,10), Michel Petrucciani(p;on # 5,6),
Ole Kock Hansen(p;on #3), Jan Garbarek(ts,ss & keyboard programming;on #1,4,7,10)
* vocal group "Ars Nova" : voices
conductor: Bo Holten
soprano: Bente Vist(solo on #1,4,7), Helle Petersen, Hilde Ramnefjell
alto: Tine Jarl, Mette Greiffenberg, Ulla Munch
tenor: Ivan Hansen, Palle Jensen, Villy Nielsen
bass: Johan Reuter, Hans Henrik Råholt, Claus Hansen
tracks
#1: Moving Pictures
#2: Uncharted Land(vocal)
#3: Natten Er Så Stille
#4: Nordavind
#5: A Nightingale Sang In Berkley Square
#6: Someday My Prince Will Come
#7: Joron
#8: Too Many Names
#9: Uncharted Land(instrumental)
#10: Blank Space

* ペトさん:Michel Petrucciani
ジャズ・ピアニスト
1962年12月28日
フランスのオランジュに生まれる。
1999年1月6日
ニューヨークにて肺感染症により他界。享年36才。
生まれながらの骨形成不全により身長は90cm程しかなかった。
ペトさんのドキュメンタリー映画『情熱のピアニズム』が2012年秋、日本でも公開された。
posted by pops at 21:20| 宮城 | Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする