2015年03月19日

今日届いたBobby Hutcherson

BH  four seasons.jpg

“1000円+税”とは超お買い得でしたww
カラフルな滝のようなジャケットは何を意味するのかわかりませんが、中身はイイです。
1回しか聴いていないけど、うれしいんで、投稿しちゃいますねww
「 I Mean You」
George Cablesの明るいフレーズと"Philly" Joe Jonesの快適なハイハットに乗ってゴキゲンなBobby Hutcherson。いいね〜
「Star Eyes」
ラテン・リズムのイントロに続いて、ちょっとハードボイルドなBobbyがカッコイイ。
原曲のメロディーのよさもあって、いい塩梅です。僕的ベスト・トラック。


『Four Seasons / Bobby Hutcherson』
レーベル:Timeless
personnel
Bobby Hutcherson(vib), George Cables(p), Herbie Lewis(b), "Philly" Joe Jones(ds)
録音月日:1983年12月11日

tracks
#1: I Mean You
#2: All Of You
#3: Spring Is Here
#4: Star Eyes
#5: If I Were A Bell
#6: Summertime
#7: Autumn Leaves

下に僕が持っているBobbyの“+Piano Trio”のQuartet作品を録音順に列記します。
(なんで“+Piano Trio”なのか、、、好きなんですww)
本作Bから明らかな違いがあります。
@とAは新主流派の象徴的サウンドで思索的な面もありました。
Bはスタンダードばかりの選曲でリラックスした演奏が繰り広げられています。
B以降は、メンバーを見ると、特にピアニストには名脇役を揃えています。
CとFは最近投稿したように大好きなのですが、
Bは曲・演奏・音質を総合すると、かなりいい出来だと思います。僕は好きです。

bobby's CDs.JPG

@『HAPPENINGS』BLUE NOTE(66年)
Bobby Hutcherson(vib & marimba), Herbie Hancock(p), Bob Cranshaw(b), Joe Chambers(ds)

A『OBLIQUE』BLUE NOTE(67年)
Bobby Hutcherson(vib), Herbie Hancock(p), Albert Stinson(b), Joe Chambers(ds)

B『Four Seasons』Timeless(83年)(本作)
Bobby Hutcherson(vib), George Cables(p), Herbie Lewis(b), Philly Joe Jones(ds)

C『COLOR SCHEMES』LANDMARK(85年)(一部パーカッションが入るけど)
Bobby Hutcherson(marimba & vib), Mulgrew Miller(p), John Heard(b), Billy Higgins(ds), Airto Moreira(perc)

D『IN THE VANGUARD』LANDMARK(86年)
Bobby Hutcherson(vib & marimba), Kenny Barron(p), Buster Williams(b), Al Foster(ds)

E『mirage』LANDMARK(91年)
Bobby Hutcherson(vib), Tommy Flanagan(p), Peter Washington(b), Billy Drummond(ds)

F『For Sentimental Reasons』Kind of Blue(06年)
Bobby Hutcherson(vib), Renee Rosnes(p), Dwayne Burno(b), Al Foster(ds)
posted by pops at 20:55| 宮城 ☁| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

穏やかに音を紡ぐBobby Hutcherson

BH For Sentimental Reasons.jpg

Bobby Hutcherson65才の録音です。
硬質なトーンで疾走する新主流派の強面の面影はありません。
ただただ穏やかに音を紡ぐBobbyがいます。

多くがスローなスタンダードです。
その中に塩梅よく僕好みのミディアム・テンポの曲を散らしています。
「Along Came Betty」・「Jitterbug Waltz」・「Don't Blame Me」・「I Wish I Knew」

そんな中で僕が一番好きなのは、「Embraceable You」ですね〜
ゆったりと淡々と切々と、名演だと思います。


『For Sentimental Reasons / Bobby Hutcherson』
レーベル:Kind of Blue
録音:2006年11月20,21日
personnel
Bobby Hutcherson(vib), Renee Rosnes(p;except #11), Dwayne Burno(b;except #5,11), Al Foster(ds;except #5,9,11)

tracks
#1: For Sentimental Reasons
#2: Ode To Angela
#3: Embraceable You
#4: Along Came Betty
#5: Somewhere
#6: Jitterbug Waltz
#7: What Are You Doing The Rest Of Your Life
#8: Don't Blame Me
#9: Spring Is Here
#10: I Wish I Knew
#11: I'll Be Seeing You

Bobbyは1941年1月27日生まれなので、現在74才です。
最近でも、73才で収録した『ENJOY THE VIEW / Bobby Hutcherson』('14)を聴く限りまだまだ元気です。

ついでに、主な参加アルバム収録時の年齢を記すと、、、
『'OUT TO LUNCH !' / Eric Dolphy』('64)23才
『HAPPENINGS / Bobby Hutcherson』('66)25才
『Total Eclipse / Bobby Hutcherson』('67)26才
『BOBBY HUTCHERSON / LIVE / Cookin' with Blue Note at Montreux』('73)32才
『DESTINY'S DANCE / Chico Freeman』('81)40才
『COLOR SCHEMES / Bobby Hutcherson』('85)44才
posted by pops at 21:45| 宮城 ☔| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

病み付きの「Recorda Me」

「Recorda Me」
なんったって、このBobby Hutchersonの「Recorda Me」が好きなんですww
この曲はJoe Hendersonの作品で『PAGE ONE』('63)に収録されていました。
『Trilogy / Chick Corea』('12)の「Recorda Me」もいい。
『SMOKIN' IN THE PIT / STEPS』('79)もいい。
でも、「Recorda Me」と言ったら、コレなんです。僕と友達だけだと思うけどww
温かく重厚なマリンバの音に包まれる快感。
新主流派的クールネスよりも温かい音使いが多いアルバムです。
マリンバの演奏が多いためかもしれません。
CD・LP共に86年のビクター製だけど、LPの音の方が温かいと思います。
カラフルなマレットとBobbyの笑顔を配したジャケットもお気に入りです。
BH Color Schemes.JPG
「Bemsha Swing」
こんなPopな「Bemsha Swing」は聴いたことがありません。
Mulgrew MillerもMonkしちゃって、やんちゃに盛り上げます。
「Second-Hand Brown」
モーダルなBobbyのオリジナルで、流石、新主流派という演奏です。
Bobbyが疾走します。
「Remember」
『SOUL STATION / Hank Mobley』('60)の同曲よりもよりリズミックです。
きっと皆が笑顔で演奏しているのでしょう。
爽快でご機嫌なナンバーです。
「Never Let Me Go」
ラストはBobbyの渾身のバラード・プレイで渋く締めます。


『COLOR SCHEMES / Bobby Hutcherson』
レーベル:LANDMARK
録音:1985年10月8〜10日
personnel
Bobby Hutcherson(marimba;on #1,3,6,8, vib;on #2,4,5,6,7 & orchestra bells;on #6), Mulgrew Miller(p;except #6), John Heard(b;except #3,6), Billy Higgins(ds;except #3,6), Airto Moreira(perc;on #1,4,6,8 & voice;on #6)

tracks
side A
#1: Recorda Me
#2: Bemsha Swing
#3: Rosemary, Rosemary
#4: Second-Hand Brown
side B
#5: Whisper Not
#6: Color Scheme
#7: Remember
#8: Never Let Me Go
posted by pops at 21:56| 宮城 ☁| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする