2015年02月24日

音の違い

CDとLPの違いについていろいろ言われてきました。
* アナログは柔らかく穏やかな音がする。
一般的なイメージかもしれません。
* アナログはノイズを含めてレコードを労わりつつ楽しむもの。
僕はノイズを楽しめません。
* ハイエンド機でないと音の違いはわからない。
そんな元も子もないことは言わないで欲しい。僕も遊びたいんだけどなww
とはいえ、≪analog 2014 WINTER vol.46≫を見ると、どれもこれも高い。
お金持ちしか遊べない世界のような気がしてきます。
表紙に写っているプレーヤーとカートリッジで400万円を越えます。
そういう本を懲りずに買ってしまったんですねww
でも、大好きな“audio-technica AT33”シリーズの記事が多くて参考になったかな。
book analog 02.JPG

someday my prince LP CD.JPG
SONYがMASTER SOUNDシリーズと銘打って96年9月にMiles Davisの再発盤を売り出したことがありました。僕が買ったのは『SOMEDAY MY PRINCE WILL COME / Miles Davis』1枚でした。20年近く前のことですが、僕が音質を気にして買った唯一のCDなので、よく覚えています。

そこで友人に、LPとCDを聴かせて違いがわかるかという簡単なお遊びをしました。
LPは普通のSONY盤、アナログ・プレーヤーは買ったばかりのVictor QL-V1、カートリッジはaudio-technica AT33ML/OCCでした。CDプレーヤーは買って2年程経ったDENON DCD-S10でした。いずれもいわゆる中級機です。

耳タコの1曲目の「Someday My Prince Will Come」を通常の音量でかけました。(Jazzが嫌いな人には、デカイ音だと思います。)
「Wynton Kellyのピアノが違う。最初にかけた方が、艶があるのにタッチが強く感じる。後の方が柔らかい気がする。後の方がLPか?」
もう一度かけ直したら、「ま〜、俺が好きなのは最初の方だな。」
当時の友人の感想ですが、LP・CDの順にかけたのでした。

この後『WE GET REQUESTS / Oscar Peterson』では「LPの方がベースが力強い。」
『Waltz for Debby / Bill Evans』もかけた気がしますが、覚えていません。

アナログは決して柔らかい穏やかな音ではないと思います。

コクとキレがあって温かみのある音が出せたらうれしいですね。
posted by pops at 19:16| 宮城 ☁| Comment(0) | audio ・ record cleaner | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

いい曲ですよね「By Your Side」

sade.jpg

「By Your Side」
なぜかこの曲が好きです。いい曲だと思います。
このCDは全曲通して聴いくこともありますが、Sadeの他の曲を知りません。
まだ、他の曲を聴いたことがありません。まだ、他のCDを欲しくなりません。
でも、「By Your Side」はいい曲だと思います。
今の僕にはそれで充分なようです。


『lovers rock / sade』
レーベル:Sony
リリース:2000年
personnel
Sade Adu(vo), Paul S Denman(b), Andrew Hale(key), Stuart Matthewman(g &
etc.) & etc.

#1: By Your Side
#2: Flow
#3: King Of Sorrow
#4: Somebody Already Broke My Heart
#5: All About Our Love
#6: Slave Song
#7: The Sweetest Gift
#8: Every Word
#9: Immigrant
#10: Lovers Rock
#11: It's Only Love That Gets You Through
posted by pops at 22:12| 宮城 ☁| Comment(0) | Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

80年代初頭の新主流派Jazz

destiny's dance.jpg

「Destiny's Dance」
ひしゃげた「No More Blues」みたいなテーマで始まるChico Freemanのオリジナル。
混沌とした雰囲気を吹き飛ばすのは、輝きに満ちたWynton Marsalis。
続いてChicoのテナー、逞しく、カッコイイ。
そしてBobby Hutcherson、新主流派の響き、クール!

「Same Shame」
Wyntonが抜けて、Chicoのソロから始まるBobbyのオリジナル。
Chicoに続くBobbyのバラード・プレイをじっくり味わえる。
バックのCecil McBee のベースも印象的。

「Wilpan's Walk」
Cecilのオスティナートから始まるサンバ風の熱いCecilのオリジナル。
Paulinho Da Costaのパーカッションを加え、Cecilは小気味よくリズムを刻み続ける。
ソロは先発のDennis Moormanのピアノに続くWynton Marsalis がカッコイイ。
もちろん、ChicoもBobbyも熱い。アルバムのハイライトだと思う。


『DESTINY'S DANCE / Chico Freeman』
レーベル:CONTEMPORARY
録音:1981年10月29-30日
personnel
Chico Freeman(ts;on #1,2,4 & b-cl;on #3,5,6), Wynton Marsalis(tp;on #1,3,4,6), Bobby Hutcherson(vib), Dennis Moorman(p;on #1,4,6), Cecil McBee(b), Ronnie Burrage(ds), Paulinho Da Costa(perc;on #4)

tracks
#1: Destiny's Dance
#2: Same Shame
#3: Crossing The Sudan
#4: Wilpan's Walk
#5: Embracing Oneness
#6: C & M
posted by pops at 19:28| 宮城 ☔| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

僕のバレンタイン

peanuts.JPG
“でん六(山形のメーカー)のバタピー”が旨いと言って買って来る僕に、「あれも中国産だからね。バレンタイン・デーくらいは千葉県産のピーナツ買ったから」
そして一昨日も「また見つけたから」と千葉県産が。
ちょっとは健康にも気を配れと言われているような気もしてきます。
まさか、「これでたくさん飲んでね」とは言わないでしょうから。。。。

妻が行く店だから安物なんだろうけど。
日本人、日本産の食べ物、made in Japanの工業製品、これ程確かで安心できるものはないと常々思っています。たまに困った日本人もいますけどね。

バーボンはアメリカ産だし、スピーカーとアンプはアメリカ製ですけど、、、

そんなこんなで、今夜は気分を変えてビールにしました。旨いんだなこれがww
beer & peanuts.JPG
posted by pops at 20:05| 宮城 ☔| Comment(2) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

Chick Coreaが示したPiano Trioのもうひとつの頂点

cc trilogy.jpg

もはや達観してしまったのか、Chick Coreaは肩の力が抜けた演奏を聴かせてくれているように思えます。
抜群のテクニックに加え、現代のRay Brownとも言うべきChristian McBrideの大らかでいて生々しい音。
そして、何よりも完璧なサポートを聴かせる天才Brian Bladeが素晴らしい。

「Recorda Me」
Joe Hendersonの作品で『PAGE ONE』に収録されていた。同アルバムに収録されていた「Blue Bossa」程でないにしろキャッチーなテーマをChickらしく仕上げています。
僕的には『COLOR SCHEMES / Bobby Hutcherson』の同曲が別格なんだけど、『SMOKIN' IN THE PIT / STEPS』での同曲は越えてしまいました。

「Alice in Wonderland」
強面のJazzファンならいざ知らず、ディズニーの愛らしい曲に弱い僕は簡単に引き込まれてしまいました。一番のお気に入りです。

「It Could Happen To You」
長いイントロの後、インテンポになりテーマが奏でられてから感じるセンスやスピード感が堪りません。このTrioの凄さが凝縮されているように思えます。
ベスト・テイクでしょう。

「Blue Monk」
かつてのRoy Haynes・Miroslav Vitousと組んでのMonk作品よりもいい意味でルーズに楽しめる演奏になっていると思います。こんなChickもいいですよね。
Brianあってのルーズさではないでしょうか。

他にもいい演奏はありますが、3枚組の紹介はかなりヘビーです。この辺でww


『Trilogy / Chick Corea』
レーベル:UNIVERSAL
録音:2010年10月9日〜 2012年12月2日
personnel
Chick Corea(p), Christian McBride(b), Brian Blade(ds)
guest: Jorge Pardo(fl on #5,7), Niño Josele(g on #5,7), Gayle Moran Corea(vo on #17)

tracks
Disc 1
#1: You're My Everything
#2: Recorda Me
#3: The Song Is You
#4: Work
#5: My Foolish Heart
#6: Fingerprints
#7: Spain
Disc 2
#8: This Is New
#9: Alice in Wonderland
#10: It Could Happen To You
#11: Blue Monk
#12: Armando's Rhumba
#13: Op.11, No.9 [A. Scriabin]
#14: How Deep Is The Ocean?
Disc 3
#15: Homage
#16: Piano Sonata: The Moon [C. Corea]
#17: Someday My Prince Will Come

録音順に並び替えて収録都市も記すと、、、
#16:2010年10月9日 / Washington, DC
#1,8,15:2010年10月12日 / Oakland, CA
#17:2010年12月8日 / Sapporo, Japan
#9,14:2012年11月20日 / St.Polten, Austria
#12:2012年11月21日 / Maribor, Slovenia
#10,11:2012年11月23日 / Zurich, Switzerland
#13:2012年11月27日 / Istanbul, Turkey
#3:2012年11月28日 / Antalya, Turkey
#2:2012年12月1日 / Cartagena, Spain
#4-7:2012年12月2日 / Madrid, Spain
posted by pops at 05:00| 宮城 ☀| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする