2013年05月31日

興奮しますよ Doobies

Doobiesファンはもとより、
Doobiesの曲を1曲でも好きだったという人なら、
買って損しないDVDだと思いますね。

特に「Long Train Runnin'」、「China Grove」、「Listen To The Music」
この最後の3曲は絶対興奮しますよww

全体によくできたDVDだと思いますが、
他会場のMichaelの#8〜#10の挿入はちょっと不自然な気がします。
僕的には、TomとPatのDoobiesなんですよね。


『Rockin' Down The Highway The Wildlife Concert / Doobie Brothers』
レーベル:SONY
収録:1996年5月5,6,11日
recorded live at Sony Music Studios, New York, New York on May 5 & 6, 1996
portions recorded live at Starwood Ampitheater, Nashville, Tennessee on May 11, 1996
personnel
The Doobie Brothers:
Tom Johnston(g & vo), Patrick Simmons(g & vo), Michael McDonald(key & vo), Michael Hossack(ds), Keith Knudsen(ds & vo), John McFee(g,slide g,pedal steel,violin & vo)
& additional players

tracks
#1: Dangerous
#2: Jesus Is Just Alright
#3: Rockin' Down The Highway
#4: Slack Key Soquel Rag
#5: South City Midnight Lady
#6: Clear As The Driven Snow
#7: Excited
#8: Takin' It To The Streets
#9: Minute By Minute
#10: What A Fool Believes
#11: Black Water
#12: Neal's Fandango
#13: Wild Ride
#14: The Doctor
#15: Slow Burn
#16: Take Me In Your Arms
#17: Without You
#18: Long Train Runnin'
#19: China Grove
#20: Listen To The Music
doobie  dvd.jpg
posted by pops at 18:48| Comment(0) | Pops | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もったいない話

20代前半のある休日、割れた音のするJazz喫茶で、コレをリクエストしたら、、、
「そのへん、置いてないんです」。。。。
コンガが嫌われたらしいんです。昔のJazz喫茶ではそういうことがあったんですよね。

もったいない話です。
コンガの音がなかったら、Louさんがこんなに気持ちよく吹いてくれたでしょうか。
中でも、「The Masquerade Is Over」は名演でしょう。
最高のアルトの鳴りだと思います。

さすがにスローバラードでは、コンガは抜けます。
「Autumn Nocturne」、心なしか元気なくしっとりと歌い上げるLouさん。

一転、次の「Callin' All Cats」では、コンガと一緒でLouさんゴキゲンですww

『BLUES WALK / Lou Donaldson』
レーベル:BLUE NOTE
録音:1958年7月28日
personnel
Lou Donaldson(as), Herman Foster(p), 'Peck' Morrison(b), Dave Bailey(ds),
Ray Barretto(conga)

tracks
side A
#1: Blues Walk
#2: Move
#3: The Masquerade Is Over
side B
#4: Play Ray
#5: Autumn Nocturne
#6: Callin' All Cats
blues walk.JPG
posted by pops at 06:14| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

一ヶ月経過、つまみは『Tales Of Another』

ブログを始めて一ヶ月経ちました。
早いものです。
かなり気軽に始めてみたんですが、今のところは楽しいですね。

例えばレコード
今まで無造作に聴いてきたレコードを、下手な文章にしろ書き留めることで、忘れかけていた記憶をも引き寄せて、自分の中で整理することができたと思います。

こんなブログでも、毎日誰かが見てくれているわけで何とかしたいけど、文学的素養の無さは如何ともし難いですね。

ま、とりあえず、乾杯しようかな。(実はおかわりww)

バーボンは“KNOB CREEK”
Jim Beamのいわゆる“small batch”の一つ。旨いんです。

つまみは『Tales Of Another / Gary Peacock』にしよう。
knob creek.JPG
posted by pops at 21:25| Comment(0) | others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてシビレタJazz

まず、「Kelly Blue」
コルネット、テナー、フルートが加わるセクステットによる人気曲。
続く「Softly, As In A Morning Sunrise」と「On Green Dolphin Street」はトリオによるゴキゲンな演奏です。

このA面、僕が初めてシビレタJazzなんですよね。実は。

ヨチヨチ歩きの初心者の頃に、MilesやColtrane、Evans等の名盤に混じって買ったLPです。

『KELLY BLUE / Wynton Kelly』
レーベル:RIVERSIDE
録音:1959年2月19日& 3月10日
personnel
Wynton Kelly(p), Nat Adderley(cor;on #1,5 only), Bobby Jasper(fl;on #1,5 only), Benny Golson(ts;on #1,5 only), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)

tracks
side A
#1: Kelly Blue
#2: Softly, As In A Morning Sunrise
#3: On Green Dolphin Street
side B
#4: Willow Weep For Me
#5: Keep It Moving
#6: Old Clothes
kelly blue.JPG
posted by pops at 20:30| Comment(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穏やかで聴きやすい傑作

「黒いオルフェ」が一番人気だろうけど、タイトル曲の「Take Ten」が悪いはずもなく。

「Samba De Orpheu」、「El Prince」、「Embarcadero」、この3曲がボッサ。
このアルバムを心地よく気だるく染め上げる。

「Alone Together」の哀愁も堪らない。
「Nancy」、「The One I Love」の甘いメロディーがまた堪らない。

だから、、、全部いいんですww
穏やかで聴きやすい傑作Jazzですね。


『TAKE TEN / Paul Desmond』
レーベル:RCA
録音:1963年6月
personnel
Paul Desmond(as), Jim Hall(g), Gene Cherico(b;except #1), Connie Kay(ds), Gene Wright(b;on #1 only)

tracks
side A
#1: Take Ten
#2: El Prince
#3: Alone Together
#4: Embarcadero
side B
#5: Theme From “Black Orpheus” / 黒いオルフェ
#6: Nancy
#7: Samba De Orpheu / オルフェのサンバ
#8: The One I Love [Belongs To Somebody Else]
PD  take ten.JPG
posted by pops at 06:08| Comment(3) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする